2012年02月21日

銀河とか学園とか

最初に言い出したのはだれなのかしら。


今月、天下繚乱のリプレイが2冊、同時刊行されました。

■天下繚乱ギャラクシー -見参、銀河卍丸- Replay:天下繚乱RPG
■化政学園の冒険 -プリセス・トクガワ- Replay:天下繚乱RPG

天下繚乱はご存知時代劇のRPGですが、拡張ステージを用意する事により、すっ飛んだ舞台セッティングで遊ぶ事も可能となっております。
たとえば「宇宙時代劇」、たとえば「学園時代劇」。
そんな遊び方をしちゃったリプレイが、この二冊でございます。
内容紹介は、うまく噛み砕けなかったので省きます。

ギャラクシーは挿絵を担当いたしました。
渋カッコイイサイボーグ侍と、ちっこい絵師お姫様と、柳生の宇宙隠密と、宇宙船・ムラマサのPC4人のデザインが、大変楽しゅうございました。
本編でノックアウトされたのが大きいですが、とくにムラマサがお気に入りです。

化政学園は、プレイヤーとして参加させていただきました。
徳川のお姫様で怪盗、というアクロバット人生をおくる女子高生です。
蘭学ヤンキー、病弱サイボーグ少年、忠義の美少女妖怪という、これまたぶっ飛んだ仲間に囲まれつつ、怪盗ロールをおおいに楽みました。
NPCで出て来る生徒会長の星宮さんが、いい感じにダメで可愛いです。

school_galaxy.jpg
というわけで、記念らくがき。
化政学園から徳川宝七郎、ギャラクシーから蓮姫を。

もう、宇宙漂流学園時代劇とかもきっと出来る。
気合いさえあればどこまでもいける。
posted by しのとうこ at 22:07| 仕事関連